デパス錠

デパス錠0.5mgの効果は実感できるけど副作用が怖すぎ

デパス錠はもう嫌… 実体験から選んだおすすめNo.1の睡眠サプリは?

アモバンの効果・副作用とは?

 

私は最初は精神病での鬱病で安定剤の一種としてこの頓服でデパス錠を服用するように医師からいわれて晩に飲んでいました。

 

寝れないこともここからきている病ですといわれてデパス錠をのみました。

 

特に作用が短期型で強くということで効果がでやすいということもいわれていました。

 

またパニック障害ももっていたためではないかとおもっています。

 

ベンゾジアゼピン系の精神安定剤に分類できる薬でもあると思いますので。

 

 

実際に飲んでみての感想は本当にのんでから一時間もしないうちに効果が完璧に出てきているなという感じが体験できました。

 

そしてきいてから切れるまでもはやくかんじました。

 

実際には血中濃度が一気にあがって一気に下がっていくといったような感じでしょうか?本当にきつい薬であると実感しました。

 

しかしあまり眠気というよりもなんか気持ち悪くていまいち睡眠導入剤という感じはまったくしなかったです。

 

人にもよるとおもいますが、私はあっていなかったようなきがします。

 

逆に目が覚めてしまって寝れませんでした。

 

効果が強い分逆に心配になってしまって怖くなるような感もありましたのであまり、よい印象はこの薬にはまったくありません。

 

 

副作用というか特にこのデパス錠といった薬剤がもっている特徴的なものであるような気がします。

 

まずは血中濃度が上がるのがあまりにもはやいせいか本当に眠たくなるよりも本当に気持ち悪くて吐き気がひどかったような感じでした。

 

本当に女性の悪阻のような感じできれていてもなんか残っているような感じでずっと吐き気があるような感じがしましたよね。

 

そのあと動悸もひどかったようなかんじでした。

 

また血圧が急にさがったりして血の気がひりたりのような症状もでました。

 

穏やかに効く薬というよりも一気に効いて一気に下がっていくような薬であるような感じでしたので本当に私はデパス錠は好きにはなりません。

 

眠たくなりませんよ、これは睡眠薬ではないですよ、みたいなかんじでした。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン