ハルシオン

ハルシオンは睡眠導入剤としての効果はあるけど副作用も…

ハルシオンはもう嫌… 実体験から選んだおすすめNo.1の睡眠サプリは?

ハルシオンの効果・副作用とは?

 

睡眠の悩みが無いという人でも一度は耳にしたことがあるくらい「ハルシオン」という睡眠薬は有名ではないでしょうか。

 

ハルシオンは超短時間作用型の睡眠薬で、入眠障害の方に処方されるポピュラーな睡眠薬ですが、最近ではハルシオンの処方を控える医師も多いようです。

 

というのも、ハルシオンはアルコールと一緒に摂取すると、酩酊状態になったり、意識を失ったりすることがあるので犯罪に使用されることがたびたびあるからです。

 

ハルシオンに限らず、睡眠薬はアルコールと一緒に摂取すると大変危険で、最悪の場合、死にいたるケースもあります。

 

ハルシオンの副作用について調べてみると、発熱、かゆみ、ふらつき、手足のしびれ、けいれん、頭痛、下痢、腹痛、動悸など様々です。

 

また、長期間使用し続けると、薬を飲まなければ眠れなくなる薬物依存になる可能性もあるので、短期間の使用に留める必要があります。

 

マイスリーと同様に幻覚などの症状が現れることもあるようです。

 

ヤフー知恵袋を検索してみると

 

「ハルシオンを飲むと心臓がバクバクするのはなぜですか。」

 

「ストレスで寝れなくて睡眠剤ハルシオンを毎晩飲んでいますが、時々おかしな幻覚の夢を見ます。薬のせいでしょうか?」

 

「薬を飲んだ後、じーっと物を見てるともこもこ変形するように見えます。薬のせいでしょうか。」

 

「ハルシオンを飲んでしばらく経つと爪で体中引っ掻いてしまいす。」

 

といった相談が寄せられています。

 

もちろん、安全に薬を使用している人も多くいますので、これはほんの一例にすぎません。

 

少しでも違和感を感じたり、ハルシオンを飲むことに抵抗がある場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

 

ハルシオンは比較的安全性の高い睡眠薬という位置づけです。

 

しかし、全世界の60%のハルシオンを消費しているのが日本で、多くの国が販売を禁止しているというのも事実です。

 

なお、アメリカではハルシオンは麻薬指定になっているので、旅行などでアメリカに持ち込む必要がある際は、事前に大使館などに問い合わせるようにして下さい。

 

睡眠薬の力を借りる前に、まずはサプリなどを利用して不眠を改善する努力をしてみるのも一つの方法ですよ。

 

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン