ビタミンB12

ビタミンB12欠乏症の原因や症状とは?効果的な治療方法は?

ビタミンB12欠乏症の原因や症状とは?効果的な治療方法は?

 

ビタミンB12は別名「神経ビタミン」とも呼ばれ、脳の中枢神経に働きかけて自律神経の安定を保つ働きをします。

 

そのため、睡眠中のレム睡眠とノンレム睡眠のリズムを安定させ、睡眠障害の克服に効果があるとされています。

 

また、ビタミンB12は葉酸を助けて、悪性の貧血を予防する働きもあります。

 

貧血気味、顔色が悪い、顔のくすみがきになる、生理中の女性は積極的にビタミンB12を摂取するようにしましょう。

 

また、妊娠中は葉酸を積極的に摂取すると良いと聞いたことがある人も多いと思いますが、その際、ビタミンB12も併せて摂るようにしましょう。

 

アイルランド大学の研究によると、葉酸にプラスしてビタミンB12を摂取すると胎児の先天性欠損症のリスクをより減らしてくれるそうです。

 

ビタミンB群は水溶性のビタミンなので、体内に長くとどまることがなく不足しがちですが、ビタミンB12は肝臓に蓄えることができるため不足することはほとんどありません。

 

しかし、ビタミンB12が不足すると、貧血の他に、

 

・全身の疲労感や倦怠感
・手足のしびれや痛み
・集中力の低下
・物忘れ

 

認知症患者の血中ビタミンB12は通常の人より少なく、ビタミンB12には認知症を予防する働きがあることも分かっています。

 

すでに述べた通り、通常の食生活を送っていればビタミンB12が不足することはほとんどありませんが、胃を切除した経験のある方はビタミンB12が不足しやすいので注意して下さい。

 

また、ビタミンB12は基本的には動物性の食品にしか含まれないためベジタリアンの方もビタミンB12が不足しがち。

 

ビタミンB12は小腸で腸内細菌によって作られるため、食生活が乱れて腸内環境が悪い人も要注意です。

 

まずはバランスの良い食生活を送るように努力しましょう。

 

・朝からぐったり疲れてやる気が起きない
・時差ボケがいつまでも治らずにつらい
・一晩寝ても疲れがとれない
・朝に弱く、起床時間が毎日違う
・不規則な生活をおくっており、睡眠時間がまちまち

 

こんな時には、ビタミンB12が豊富なレバー、魚介類、チーズなどの乳製品を積極的に食べるようにするといいかもしれませんね。

 

その上で、サプリなどの補助食品をサポートとして摂取していくことがベターかと思います。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン