メラトニン

メラトニンの効果・副作用やサプリとは?

メラトニンの効果・効能・副作用やサプリとは?

 

メラトニンは松果体と呼ばれる脳の器官から分泌されるホルモンで、睡眠のリズムを調整する働きがあります。

 

人間だけでなく、ほとんどの動植物が生成しているホルモンで、メラトニンを多く含むものをたくさん食べると質の良い眠りを手に入れることができます。

 

メラトニンが多く含まれている食材は

 

・玄米、大豆などの穀類、豆類

 

・大根、にんじんなどの根菜類

 

があります。

 

また、メラトニンの生成や吸収を助けてくれるビタミンB群を一緒に摂取するとより効果的にメラトニンを体内にとりいれることができます。

 

ビタミンB群というと豚肉などに多くふくまれるビタミンですが、睡眠の質を妨げないためにもできるだけ胃腸に負担のかからない野菜から摂取するのが理想的です。

 

なす・いんげん・にんじん・さといも・ごぼうなどの野菜や、キノコ類に多く含まれています。

 

また、牛乳やそばなどに多く含まれているビタミンB1は「精神的ビタミン」と呼ばれストレスに効果があります。

 

眠れなくてイライラする、ストレスを感じるという時には積極的にビタミンB1を含む食事を食べるようにすると良いでしょう。

 

ちなみに、日本ではメラトニンは医薬品に指定されているため、サプリメントはありません。

 

海外で販売されているサプリを購入するのも一つの手段ですが、副作用の事もあるので、あくまでも自己責任となります。

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン