入眠障害

入眠障害の症状を改善するには病院治療しかない?

入眠障害の症状改善に最適な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめNo.1は?

入眠障害:布団に入ってから30分以上かかっても寝つけない

 

眠れない,入眠障害 疲れているから早く寝たいのになかなか眠れない
眠れない,入眠障害 布団に入るとあれこれと考えてしまって目が冴えてしまう
眠れない,入眠障害 その日にあったイヤなことややり残した仕事のことを考えて悶々としてしまう

 

 

入眠障害は年齢や性別を問わず一番多くみられる睡眠障害の症状です。

 

大切な試験や試合の前日に気持ちが昂ぶって眠れないということは、誰にでもありえること。

 

しかし、布団に入っても1時間以上眠れない症状が1週間以上続く場合は、
入眠障害を疑った方が良いでしょう。

 

入眠障害が慢性化すると、中途覚醒や熟眠障害、早朝覚醒などの症状がだんだん加わってくる
可能性もあります。

入眠障害の原因を知って、ぐっすり熟睡する

 

入眠障害の原因は人によって様々。

 

だけど、日常生活の何気ない習慣が実はあなたの睡眠を妨げている可能性も…。

 

 

例えば、寝る前にネットやスマホ、テレビでその日のニュースをチェックしている、という人。

 

スマホやテレビから発せられるブルーライトは強い覚醒作用があります。

 

真偽は定かではありませんが、カフェインの50倍の覚醒作用があるという説もあります。

 

「今日の野球の試合結果が気になって…」「明日の天気が心配で…」。

 

気になる情報はできるだけラジオなどで入手するようにして、
寝る2時間前にはテレビやスマホ、パソコンのディスプレイは見ないようにしましょう。

 

 

また、睡眠に欠かせないメラトニンのもととなるセロトニンは95%が腸で分泌されています。

 

なので、腸内環境が乱れているとセロトニンの分泌が減ってしまい
イライラや欲求不満などはもちろん、入眠障害の原因になってしまう可能性もあります。

 

普段から、ファーストフードやインスタント食品、外食などの多い人は食生活を一度見直しましょう。

 

 

「そんなこと知ってる」と言われそうですが、カフェインを含んだ食品にも要注意

 

カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶だけでなく、ココアやコーラ、栄養ドリンクやチョコレートなどにも
カフェインは含まれています。

 

意外なところでは、ハーゲンダッツのエスプレッソやグリーンティー。

 

なんと、コーヒーに匹敵する量のカフェインが含まれてます。

 

ハーゲンダッツのエスプレッソやグリーンティーなど、カフェインを多く含む食品を食べるのは
夕食後のデザートではなく、3時のおやつにした方が良いですね。

 

 

また、頭痛薬のバファリンにもカフェインが含まれているので要注意。

 

カフェインと同様に覚醒作用のあるタバコ(ニコチン)やアルコールも極力避けるようにしましょう。

入眠障害に効果的な成分はコレ

 

眠れない,入眠障害 ギャバ

 

入眠障害の人には、気持ちが昂ぶって眠れない、という人が多いと思います。

 

ギャバには脳内の興奮を抑制して、リラックスさせる効果があります。

 

ギャバは食材にも含まれますが、睡眠改善に必要な量を食材だけでカバーするのは大変なので、
サプリメントを上手に活用すると良いと思います。

 

その際は、就寝前の30分~1時間前、満腹時を避けて飲むようにすると効果的です。

 

 

眠れない,入眠障害 トリプトファン

 

寝床に入ると不安や緊張に襲われる、という人にオススメなのはトリプトファン。

 

トリプトファンは脳内に運ばれるとセロトニンを作る原料となります。

 

セロトニンには不安や緊張を鎮めて、リラックスさせる効果があります。

 

月経前症候群(PMS)のイライラも解消してくれるので、女性にとっては嬉しい成分ですね。

 

トリプトファンはマグロやカツオなどの赤みの魚、鶏肉や牛レバー、納豆などの大豆製品やナッツ、
チーズなどの乳製品に多く含まれています。

 

サプリメントなどで摂取する際は朝、晩に分けて空腹時に摂取すると効果的です。

 

 

眠れない,入眠障害 テアニン

 

緑茶を飲んだ時にホッと安らぎを感じることってありますよね。

 

これは緑茶に含まれるテアニンの働き。

 

テアニンには脳の興奮を抑えて、精神的なストレスを抑制する効果があります。

 

また、血行を促進する働きもあるので、足が冷えて眠れないという時にも効果的。

 

ただし、緑茶からテアニンを摂取すると、もれなくカフェインも一緒に摂取してしまうことになります。

 

テアニンだけを摂取する場合はサプリメントなどを活用すると良いでしょう。

入眠障害に効果的なサプリ 実体験から選んだベスト3は?

 

潤睡ハーブ
「ギャバ」「ラフマ」「クワンソウ」「クロレラ」等のリラックス&リフレッシュ成分が配合された睡眠サプリメントです。潤睡ハーブは睡眠サプリメントでは数少ない全額返金保証付きなので、気軽に試せるのも潤睡ハーブの大きなポイント。 高品質、安全性を保持する環境で製造されているというお墨付き。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
1,980円(税込) 【返金保証付き】 90粒 3粒 ギャバ、ラフマ、クワンソウ、クロレラ、他

 

 


 

北の達人 北の大地の夢のしずく
「ギャバ」「L-テアニン」「アスパラガス」などの天然成分や自然由来成分が配合された睡眠サプリメントです。 北の大地の夢しずくの最大の特徴は、アスパラガスから抽出したという休息成分誘発物質が配合されているという点。アスパラガスから抽出されるETASと呼ばれる成分に抗ストレス作用があり、睡眠を改善してくれます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
3,790円(税抜) 30本 1本 アスパラガス、ギャバ、クワンソウエキス、L-テアニン

 

 


 

マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン