寝つきが悪い

冬、なかなか寝付けないのはどうして?

冬の寝付けない時に最適な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめNo.1は?

冬、なかなか寝付けないのはどうして?

 

ただでさえ、冬は夜が明けるのが遅くて、朝起きるのがツライものです。

 

できれば、夜はパタンと眠ってしまいたいのですが、なかなか寝付けないということもしばしば…。

 

・いつまでも足が冷たくて眠ることができない

 

・布団に入るとヒンヤリしていて、すっかり目が覚めてしまった

 

・暖かくして眠ったら、暑過ぎて夜中に目が覚めてしまった

 

人間の身体は睡眠時には体温が下がるのですが、その際、手足から体内の熱が放出されています。

 

冷え症などで手足が冷えている場合、なかなか熱が放出されずに寝つけない原因になってしまいます。

 

また、ついさっきまで「眠たい」と思っていたのに、布団がひんやりと冷えていてその刺激で目が覚めてしまった経験がある人も多いのでは?

 

そこで、靴下を履いて寝てみたり、電気毛布で寝床を温めてから寝る、などの対策をしている人もいると思います。

 

だけど、「夜中に暑くて目が覚めてしまった」とか「朝起きたら靴下が脱げてどこかへ行ってしまった」なんてことありませんか?

 

すでに述べた通り、睡眠時には体内の熱を手足から放出しています。

 

なので、靴下や手袋を装着していると、スムーズに熱の放出が行われず、風邪をひいてしまう原因にもなってしまうんです。

 

また、電気毛布などで、全身をくまなく温めてしまうと手のひらや足の裏の末端の血管がかえって開きづらくなってしまいます。

 

布団に入った時にぬくぬくと温かいと幸せな気分になりますが、それは最初だけ。

 

身体の体温調節機能を低下させ、皮膚を乾燥させるので痒みの原因にもなります。

 

電気毛布を使用するのであれば、寝る30分ほど前に電源を入れておき、寝床に入る際にはスイッチをOFFにするようにしましょう。

 

足が冷えて眠れないという時には「湯たんぽ」がおススメです。

 

全身をくまなく温めてしまう電気毛布と違い、自然な温かさが得られるので、身体の体温調節機能が損なわれることもありません。

 

また、冬場であっても睡眠時にはコップ1杯分の汗をかくと言われています。

 

快適な睡眠のためにも吸湿性の高い素材のパジャマで寝ることが大切。

 

フリースや裏起毛素材のパジャマは暖かいのですが、吸湿性が悪く、肌を乾燥させてしまうちょっとやっかいなモノ。

 

木綿などの天然素材のものを選ぶようにしましょう。

 

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン