寝つきが悪い

夏、寝付けない時の対策は?

夏の寝付けない時に最適な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめNo.1は?

夏、寝付けない時の対策は?

 

暑くて眠れない、ベタベタして眠れない、エアコンが寒過ぎて眠れない、イライラして眠れない、そんなこんなで気付いたら「げっ!もうこんな時間!!」なんてことも。

 

夏はあれこれと暑さ対策をしても寝不足になってしまいがち。

 

・ひんやりジェルマットなどのひんやりグッズを利用している

 

・暑いので身体には何も掛けずに寝ている

 

・エアコンで部屋全体を冷やすようにしている

 

ひんやりジェルマットなどは、寝床に入った時にはひんやりとしていてとても快適なもの。

 

しかし、時間と共にひんやり感は失われてしまい、ただの吸湿性の悪いマットになってしまいます。

 

吸いとってもらえない汗が皮膚にまとわりついて、かえって安眠を妨げてしまう原因にも…。

 

実は、夏場の眠れない原因は暑さもありますが「湿度」も大きな要因。

 

布団の中の温度というのは1年を通じて約33度とほぼ一定。

 

しかし、湿度は春・秋・冬が40~60%に対して、夏は80~90%。

 

温度を下げすぎずに、湿度を取り除くのが理想的。

 

そのためには、身体に何もかけずに寝るよりも、吸湿性の高い素材のシーツを一枚かぶって寝る方が快適。

 

シーツや掛け布団は吸湿性の高い綿や麻、タオル地やガーゼなどの素材の寝具を選ぶようにしましょう。

 

エアコンを使用する際は、設定温度を28度くらいに設定して扇風機やサーキュレーターで部屋に冷たい風が循環するようにして下さい。

 

「それでも暑くて…」という場合は、身体をピンポイント冷やすことがオススメ♪

 

私のおススメは1リットルの空きペットボトルに水を入れて凍らせて作る「氷たんぽ」。

 

この氷たんぽをバスタオルに包み、ワキの下や足の付け根など太い血管が通る部位に挟むと、身体の火照りがスーッと引いて快適に眠れます。

 

身体が冷えれば、脇に押しやっておけば、常にシーツにひんやりゾーンができる優れものです。

 

ただし、神経の集まる首のうしろは冷やさないように注意して下さい。

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン