熟眠障害

熟眠障害とは?症状や治療方法をチェック

熟眠障害の症状改善に最適な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめNo.1は?

熟眠障害:たっぷり眠ってもぐっすり眠ったという満足感が無い

 

眠れない,熟眠障害 睡眠時間は充分とれているはずなのに、朝起きるのが辛くてたまらない
眠れない,熟眠障害 しっかり眠っているはずなのに、日中眠くて仕方が無い
眠れない,熟眠障害 一晩中ウトウトした状態が続いて、眠ったという実感が無い

 

 

目覚めが悪い、日中ついウトウトとしてしまうことは、誰にだって経験はあるはず。

 

だけど、それが毎日となるとツライですよね。

 

 

熟眠障害は睡眠時間は問題ないものの、通常の睡眠に比べ眠りが浅い
ことによって起こる睡眠障害の代表的な症状の一つです。

 

睡眠で大切なのは質よりも量。

 

睡眠時間は長くても、眠りが浅かったり、途切れ途切れだと、
実際の睡眠量が充分でない熟眠障害の可能性があります。

 

 

「私は低血圧だから朝が弱くて…」という人もいるかもしれませんが、
低血圧の人が朝が弱いというのに医学的根拠は無いのだとか…。

 

低血圧の原因は昼夜を無視した不規則な生活による体内時計の崩壊。

 

また、日中の激しい眠気は「睡眠時無呼吸症候群」である可能性もあるので注意が必要です。

熟眠障害の原因を知って、ぐっすり熟睡する

 

自分ではしっかりと眠っているつもりでも、実は日常生活の様々な要因で眠りが浅くなっている
ということも考えられます。

 

 

例えば、忙しい会社員であれば、帰宅後、ご飯を食べて、お風呂に入ってすぐに寝てしまう
という生活を繰り返しているかもしれません。

 

満腹の状態のまま眠ってしまうと、脳は休んでいても、内臓はフル稼働で働き続けているので、
結果的に身体は休むことができません。

 

そのため、眠りの質が悪くなり朝の目覚めが悪く、身体に疲れが残った状態になってしまいます。

 

食事はできるだけ睡眠の3時間前までに済ませてしまうのが理想

 

だけど、忙しい人にはなかなか難しいと思うので、その場合は、夜の6時~7時ごろに軽食を食べて、
帰宅後は軽く空腹を癒す程度に食べるようにすると良いでしょう。

 

 

さらに、朝が苦手という人の中には朝ご飯をきちんと食べずにジュースやゼリー飲料などで
済ませてしまっている
人も多いかもしれません。

 

実は、「噛む」ことによって、セロトニンの分泌はうながされます。

 

熟眠障害の人の多くは体内時計が崩壊しているというケースが多いのですが、
朝食をしっかりと食べることによって体内時計が規則正しくなってきます

 

 

また、寝る前のタバコの一服が止められない、という人も要注意。

 

喫煙者の人にとっては、タバコを吸うとリラックスして気持ちよく眠れる気がするかもしれませんが、
リラックス効果があるのは吸った直後だけ。

 

喫煙後の数時間はずっと交感神経を刺激して目を冴えさせてしまいます

 

寝る前の喫煙習慣をやめる事が良策です。

 

 

メラトニンの分泌不足に加えて、メリハリの無い生活や日中の長時間の昼寝によって
体内時計のリズムが乱れてしまう
ことがあります。

 

高すぎる枕も気道を閉塞して、スムーズな呼吸ができず眠りの質を低下させている可能性も考えられます。

 

家族やパートナーから「いびきがうるさい」と言われたことのある人は要注意。

 

睡眠環境を整える事は症状改善には必要不可欠です。

熟眠障害に効果的な成分はコレ

 

眠れない,熟眠障害 グリシン

 

熟眠障害の人の多くは深い眠りであるノンレム睡眠の時間が短いという特徴があります。

 

グリシンにはこのノンレム睡眠の時間を増やす働きがあることが分かっています。

 

また、美肌効果もあるので女性にオススメの成分です。

 

食材では牛スジや豚足、鶏軟骨などに多く含まれていますが、毎日食すのは困難。

 

サプリでグリシンの栄養素だけを効率よく摂取することがおすすめです。

 

 

眠れない,熟眠障害 トリプトファン

 

体内時計を調節する働きのあるホルモンがメラトニンになります。

 

このメラトニンの材料となるのがセロトニン、セロトニンの材料となるのがトリプトファンになります。

 

トリプトファンは体内では生成されないので、サプリなどで補給するのがオススメです。

 

 

眠れない,熟眠障害 オルニチン

 

必須アミノ酸の一種で肝機能の働きを高めてくれます。

 

睡眠の質を高めて、すっきりと爽快な朝の目覚めに導いてくれます。

 

疲労回復効果もあり、お酒をよく飲む人にもオススメの成分です。

 

しじみやチーズなどに多く含まれる成分ですが、効率よく摂取するのであればサプリがオススメです。

熟眠障害に効果的なサプリ 実体験から選んだベスト3は?

 

味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン

 

 


 

潤睡ハーブ
「ギャバ」「ラフマ」「クワンソウ」「クロレラ」等のリラックス&リフレッシュ成分が配合された睡眠サプリメントです。潤睡ハーブは睡眠サプリメントでは数少ない全額返金保証付きなので、気軽に試せるのも潤睡ハーブの大きなポイント。 高品質、安全性を保持する環境で製造されているというお墨付き。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
1,980円(税込) 【返金保証付き】 90粒 3粒 ギャバ、ラフマ、クワンソウ、クロレラ、他