アタラックス

アタラックス錠は副作用が比較的少ないものの効果なし

アタラックスはもう嫌… 実体験から選んだおすすめNo.1の睡眠サプリは?

アタラックスの効果・副作用とは?

 

アタラックスを飲み始めた理由は、アタラックスには抗アレルギー効果があり、私自身慢性蕁麻疹、米アレルギー、雑草アレルギーである為と、アタラックスは元々抗アレルギー薬であるということから比較的優しい薬で、副作用、リスクが少ないと医師に説明されたからです。

 

しかし、副作用、リスクが低い分、私的には他の睡眠薬や睡眠導入剤よりは睡眠効果が少ないというデメリットもあるのかなと感じました。

 

あまり夜は寝付けないという方には向いていないかもしれませんね。

 

 

不眠用途・抗アレルギー薬用途以外にも、焦燥時・不安時にも効果があるとのことで、病院からイライラ、不安時にも服用するように言われ毎日数回に分けて服用していますが、イライラや不安時への効果はそれなりにありますね。

 

アタラックスを飲まないよりは飲むと落ち着く、いわばお守りのような感じになっています。

 

ただ、激しくイライラしている時などはあまり効かないように感じます。

 

抗アレルギー薬としても、効くのは効きますがアレロックやザイザルのように優秀までとはいきませんね。

 

不眠用途に関してもすぐに寝つけるときと寝つけないときがあり、寝つけないことの方が多く、他の睡眠薬や導入剤よりは効果が目立たないように感じました。

 

喉の乾きなどの副作用はそんなに出ていないです。

 

 

元々慢性蕁麻疹があるせいもあるとは思いますが、全身に猫の引っ掻き傷、みみず腫のようなものがよく出ました。

 

また、先述したアレロックやザイザルのような抗アレルギー薬としての速効性、不安時・焦燥時の速効性、睡眠薬としての速効性もないように思います。

 

ただ、やはり医師の言う通り、アタラックスは元々が抗アレルギー薬、抗ヒスタミン剤なので睡眠薬としての効果は薄いものの殆ど軽い副作用、重い副作用共に現れることはあまりないのではないでしょうか。

 

アタラックスの一番の副作用は睡眠薬としての効果が目立たないことですかね。

 

アタラックスを飲んで眠りについても夜中に途中で目が覚めたり怖い夢を見て魘されたりして起きることもしばしばあるといった感じですね。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン