ベンザリン

ベゲタミンは飲みすぎると致死量に!副作用にも要注意

ベゲタミンはもう嫌… 実体験から選んだおすすめNo.1の睡眠サプリは?

ベゲタミンの効果・副作用とは?

 

日頃の疲れが溜まったからなのかストレスや心配事からなのか、ベッドに入ってからなかなか寝付けず、ぐっすり眠れない日が続きました。

 

精神疾患があるわけでも鬱病でもないので、手軽に試せると聞いた睡眠導入剤のベゲタミンを購入しました。

 

お値段も手頃でしたし、服用して自然に寝付く事が出来れば良いなと思って選んだのですが、どのような成分が含まれているかなど詳しい事は気にせずに購入してしまいました。

 

 

以前に蕁麻疹が原因で痒くて夜なかなか寝付けない事があり、病院で睡眠導入剤を処方してもらった事があるのですが、その時はすんなりとぐっすり眠れました。

 

ベゲタミンにも同じように眠れる事を期待して購入したのですが、思っていた程、心地よく寝付けたわけでもなく、何となく眠くなってきたかな?程度の寝付きでした。

 

病院で処方された薬が何と言う名前だったのかは忘れてしまいましたが、明らかに違った感じでした。

 

風邪薬や咳止めの薬などを服用して眠くなる感じと似ているような、眠らなくても耐えられる、そんな感じです。

 

そのまま起きていれば起きていられるけど、何となく眠くなってきたのでチャンスを逃さず寝てみようと言った感じです。

 

ベゲタミンに使われている成分の違いなのでしょうか、病院で処方された薬とは全然違いました。

 

 

眠ってしまえば深い眠りにつけたのですが、起きるのも辛く、起きてからも身体が重いような倦怠感があり、すっきりしませんでした。

 

頭がぼーっとしているような感じで、喉も乾くので水分をいつも以上に摂った事を覚えています。

 

一日中、眠いような気がして、気力もなくずっと薬が効いているのか?と思いました。

 

日頃から睡眠導入剤などは使用していなかったので、効き過ぎてしまい副作用が出たのかとも思いますが、翌日の影響が出てしまうような薬であればあまり使用しない方が良いと思い、すぐに服用は止めました。

 

あとで成分などを調べたら、あまり良くない成分も配合されていると知り、副作用も納得出来たのですが、風邪薬などを服用してもここまで倦怠感を抱いた事はないので、強い薬なのかなと思いました。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン