サイレース

サイレースの効果や作用時間は○、でも副作用や依存は?

サイレースはもう嫌… 実体験から選んだおすすめNo.1の睡眠サプリは?

サイレースの効果・副作用とは?

 

数年前、引越しと転職で環境が大きく変わってから不安・動悸・食欲低下・不眠が続いていました。

 

精神科の受診でうつ状態と診断され、不眠が一番酷く辛い時期にサイレースを処方されました。

 

サイレースの前にリーゼとレンドルミンというお薬を出されていましたが、寝る前に服用してもあまり寝付けない・途中で目が覚めてしまうため、しっかりもっと睡眠をとりたいと相談した結果、就寝前に飲む薬をサイレースに切り替えることになり服用しました。

 

 

レンドルミンで眠れないと相談したうえで処方されたお薬だったので、しっかり眠くなって入眠がスムーズになるのかと期待していました。

 

実際サイレースに切り替えて寝ようとしてみても、なかなか寝付けず気づくと2時間ほど布団の中で悶々としていました。

 

寝付けないことがストレスと感じたり、余計に不安になることもありました。

 

わざわざ切り替えたお薬で寝付けないという事が気になってしまって、神経質になる夜もありました。

 

やっと眠れたとしても寝始まる時間が遅いためか、朝起きると体が非常に重たく感じられること・頭がボーっとするなどがあり、すっきりしない朝が続きました。

 

サイレースにちょっと期待しすぎたのかもしれませんが、私自身は飲んでも眠気がなかなか来ませんでした。

 

 

サイレースの副作用ですが、なかなか寝付けない上に、朝起きると体が重たく、気分が優れない事が多かったです。

 

寝始まるとぐっすり寝ているようですが、寝汗をかくこともありました。

 

深く眠れると眠気がなかなかとれず、目覚ましをスヌーズにしても無意識に切ってしまい、寝坊してしまうようなこともありました。

 

また、起きてからも眠気が続いたり、日中ボーっとするような感覚が残っていました。

 

ぼんやりとして不注意になってしまうなど、サイレースは自分には合わなかったような気がします。

 

サイレースによる吐き気や頭痛がすることはありませんでしたが、寝付きが良くなるわけではなかったため、イライラしたり焦燥感が強くなってしまいました。

 

入眠まで時間がかかるため、また朝起きて体が怠かったら等と翌日のことが気になりだして不安になるなど、直接的な副作用ではないですが、あまり精神の安定には繋がりませんでした。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン