ストラテラ

ストラテラの効果…副作用…眠気でイライラ…血圧も…

ストラテラの効果・副作用とは?

 

今から7年前、当時31歳だった頃の体験です。

 

出産後一年ほどたったあたりから、深刻な産後うつ状態に陥り、かかりつけの一般開業医から心療内科を照会されて赴きました。

 

漠然とした育児不安に押しつぶされそうになり、体は育児で疲れ果てているというのに、夜床についても全く眠れない、不眠でふらふらする…ということを説明しました。

 

その際に処方されたのがこのストラテラです。

 

不安ほか、負の感情がひどい際にはこれを服用して休むように、と言われました。

 

 

このストラテラを飲む機会として、医師からは毎日定期的に服用するのではなく、不安や負の感情が特にひどい場合に飲むように…と言われていたので、それに従いました。

 

当時の私は不眠・疲労状態が当たり前になっていたので、「このぐらいで薬を飲んだらよくないだろう」と自分で飲むのを我慢していたかもしれません。

 

また、本当に辛くて辛くて涙が止まらない、どうにも自殺願望や自傷を起こしてしまってしょうがない、という「ここぞというシーン」で飲んでみた際は、さらに不安があおられて興奮してしまい、結局自傷がやみませんでした。

 

最大限の量を飲んでも変化はなく、翌朝に頭痛がひどくなっただけでした。医師の指導に沿って服用を繰り返しましたが、全く効果を感じることはありませんでした。

 

 

産後うつという病気の特徴上、必ずしもこのストラテラによる副作用とはいえないかもしれないと思うのですが、元々弱かったアルコールにさらに弱くなったようです。

 

ワインなど、ごく度数の弱いものを飲んでも悪酔いで胃腸が壊れるようになってしまいました。

 

少量でも以降数日間、確実に胃腸の調子が悪くなって、体調すらも悪くなります。

 

現在5年ほどがたってごく少しだけ飲めるようになりましたが、この体調変化はおかしいと思います。

 

また、これも直接的なものかどうかはわかりませんが、肌が極端に弱くなって皮膚炎の類をしょっちゅう起こすようになり困っています。

 

ちょうど、ストラテラを服用し始めた頃から花粉症などのアレルギーも発症しており、自分の免疫系に何らかの悪影響が出たのではないかと疑っています。

 

睡眠障害の症状別に効果的な睡眠サプリ 実体験から選んだおすすめは?

 

 入眠障害で選ぶなら
ライオン グッスミン酵母のちから
その名の通り、グッスミンは医薬品などでおなじみのライオンの健康食品です。グッスミンという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートする酵母の一種である清酒酵母が主成分の睡眠サプリです。アルコールは配合されていないので、お酒の飲めない人でも安心して服用することができます。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
934円(税抜) 28粒 4粒 清酒酵母

 

 


 

 中途覚醒と熟眠障害で選ぶなら
味の素 グリナ
その名の通り、グリナは冷凍食品などでおなじみの味の素の健康食品です。グリナという名前からも連想されるとおり、睡眠をサポートするアミノ酸の一種であるグリシンが主成分の睡眠サプリです。グリシン3000mgというのは他の睡眠サプリと比べても断トツで多い配合量です。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
500円(税込) 6本 1本 グリシン

 

 


 

 早朝覚醒で選ぶなら
マインドガードDX 粒タイプ
マインドガードDXというと今まではドリンクタイプだったのですが、新たに錠剤タイプが発売されました。 「ドリンクタイプはクセがあって飲みづらかった」とか「出張先や旅行先に携帯したい」という人には、マインドガードDX粒タイプは朗報です。クワンソウをはじめ、ノニやレスベラトロール、他にもグリシン、ギャバ、トリプトファン、香酢末など睡眠の質を高めてくれる成分がマインドガードDXには豊富に配合されています。
価格 内容量 1日の目安 主な配合成分
7,340円(税込) 60粒 2粒 ノニ、クワンソウ、レスベラトロール、グリシン、ギャバ、トリプトファン